ヤクザという生き方 昭和、最後の任侠

朝倉喬司 溝口敦 山之内幸夫 他著

2006年12月25日刊行 宝島社文庫 定価752円+税

第四章 ヤクザ・その業界

【ウラ社会の政治経済学】
年商七兆円産業の実態をえぐる

【日本ヤクザ“海外雄飛”の虚と実】
山口組ハワイ事件とは何だったのか?

 溝口敦 

 

旧版に


ヤクザという生き方 昭和、最後の任侠


六代目山口組 司体制誕生の衝撃 洋泉社MOOK 049

全国制覇へ!その時、山菱は動いた

2006年2月26日刊行 洋泉社 定価1470円

第一部 六代目山口組司体制―水面下の激闘に迫る!

【クーデターも当然の交代劇!?
六代目山口組「電撃継承」の真相】
劇的な交代劇の裏舞台で何が起こっていたのか!?
 
 溝口敦

 



追跡!平成日本タブー大全Ⅱ 別冊宝島Real 068

2005年12月21日刊行 宝島社 定価1260円

第1章 菱と漣華のタブー<ヤクザ>

【六代目山口組誕生秘話】
クーデターも当然の交代劇!?
金に溺れ、金で刺された渡辺五代目

 溝口敦

 



山口組v.s警視庁

2001年8月23日刊行 竹書房バンブームック 定価1200円+税

・現役警察幹部が語る対山口組取り調べ室

・暴対法を作った男
 元警視庁刑事局長林則清に見る暴力団と警察キャリア
 
 溝口敦

 



迷宮入り! 昭和・平成 未解決事件のタブー 別冊宝島編集部 編

2001年6月8日刊行 宝島社文庫 667円+税

【山口組疑惑史/山口組五代目v.s実力派若頭―「確執」の真相】
「宅見勝射殺」は本当に中野会だけの暴走だったのか!?

 溝口敦

 




極道・その女たち  洋泉社MOOK 005

2001年1月8日刊行 洋泉社 定価1200円+税

【あるヤクザが語る、「オレの女性遍歴」】
初体験の相手は女優。以来、水商売を除けば堅気の女性五十人ほどと体験してきた一匹狼の知能派ヤクザが語る、ヤクザ人生と、俺に群がった女たちのこと。
  
 溝口敦   

 



未解決事件の謎を追う 別冊宝島Real 007号

英国スッチー、グリ森、オウム、赤報隊から政界疑惑まで! 

2001年1月1日刊行 宝島社 定価952円+税

【山口組疑惑史/山口組五代目v.s実力派若頭―「確執」の真相】
「宅見勝射殺」は本当に中野会だけの暴走だったのか!?

 溝口敦

 



ヤクザという生き方 危ない金の稼ぎ方

溝口敦・山之内幸夫 他著

2000年8月8日刊行 宝島社文庫 定価600円+税

山口組ウォッチャーの第一人者が描く激動の十四ヶ月
【山口組と暴力団新法】

 溝口敦

 



日本の論点‘94 文藝春秋編

1993年11月10日刊行 文藝春秋 定価2400円

【暴対法は効果があったか】
暴対法はヤクザを激減させたが、かわりに犯罪組織がのしてくる

 溝口敦

 


ヤクザという生き方 これがシノギや!別冊宝島157 

実録!ヤクザ・企業舎弟のカネと人生 

1992年5月27日刊行 JICC出版局 定価1010円

PART3 ヤクザ、その昨日・今日・明日
山口組ウォッチャーの第一人者が描く激動の十四ヶ月

【山口組と暴力団新法】
広域組織の中で最も過敏に暴力団対策新法に反対している山口組。会社設立、憲法論議、定例会のブロック化、破門、そして雲仙島原への義援金の拠出・・・。
その隠された意図はいったい何か?
九十一年三月、「新法」公布の二ヶ月前より開始した代紋の取り外しから、去る四月十日の聴聞会までを、山口組ウォッチャーの第一人者が再検証する!

 溝口敦

 



ヤクザという生き方 都市の底に棲む男たちの物語!

1986年9月25日刊行 JICC出版局 定価980円

第四部 ヤクザ・その業界
【裏社会の政治経済学】年商七兆円産業の実態をえぐる

構成員九万四千人といわれる日本ヤクザ業界の経済と政治をめぐるその実態を探ってみると―。

 溝口敦